留守の多いパパのために作った成長日記です


by junkss
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その後の里親応募の結果

我が家が里親へ応募してから結果に至るまでをまとめました。




フリマでボランティアさんから出会ったあの日からじっくり考えて、里親になりたいと思ってすぐに応募し、返事が届くのに3日かかりました。
応募して下さったお友達は1週間
これは管理上の問題よりもHPの作成からの問題になるらしく、どうしても仕方がないみたい。

始め、この事がわからず、お友達は応募してからもう1週間経つのにまだ来ない事が心配に思い、ぺトンさんに電話してどういうHPに関して聞いてみたら代表者の名前と電話番号を教えてくれました。
せっかくパパがいるし、夜電話でボステリちゃんに関して聞いてみようと思ったのですが・・・
電話するなりいきなり『あ~あなた横須賀のぉ』とかなり迷惑そうな態度にただただビックリ・・・
面接を希望しているのですが・・・と聞けば、『あなたねー、面接したいって言えば必ず出きるものじゃないのよ!こっちにだって条件てもんがあるんだから』

誰が聞いてもかなり横柄な態度だと思いませんか?
ボランティアなんて肩書き?とこの方のお陰でどれだけの不信に思ったものか。

その夜中に保護されている方からお返事が届き、
・ボストンの今の性格
・夏バテ対策への注意の呼びかけ
・子供がいる方への譲渡出きる犬種は限られてしまう事

子供がいる事に関しては今まで1,000頭近い犬を譲渡してきた経験上の例があげられていました。

・子供のの小さなおもちゃを飲み込んで手術になった例、またお子様や お子様のお友達を噛んでしまった例
・玄関をきちんと閉めていなかった例
・子供だけでお散歩に行って途中で逃がしてしまい、行方不明になって しまった例
とこれらの例をあげて一方的に断られました。
でも仕方がない事なのかもしれません・・・

他にも
・『お散歩も幼児を残して出かけることは難しいでしょうし、一緒に・・という場合は犬にとっては最小限になってしまうと思われ、お子様が病気の時などお宅をあけられず、お散歩の機会が不定期になってしまうこと。
・犬の具合が悪いときに速やかに獣医さんに受診することなどもお子様を連れてがご無理な場合、手遅れになってしまった例
などを考慮しますと、事故のリスクが少なく、安定した環境の方がどうしても優先となってしまいます。』と言われてしまい、子供を理由にここまで言われてしまうと何も抗議もしようがなく、悩みました。

お友達も面接さえさせてもらえない事にガッカリし、更に子供の事では何も言われず、『未去勢の先住犬がいる家は対象外』と書かれてない事を言われ、またメールで問い合わせをしました。
お友達のお家は他にご両親も一緒に暮らしていて、本当にお留守番も少なく家族としてムサシ君と暮らしてるし、あちらからの指摘に対し全て対応出きる状態だったので、我が家から見ても申し分ない生活環境だったんです。
なので、今はこちらのお返事を見守ってみようと我が家はその後メールはしませんでした。

昨日お友達にお返事が届いたらしく、読ませていただいたら結果的にお断りのお返事・・・
日々観察をしていて一頭飼いを希望されてるとの事で、HPの記載も変更すると書かれていました。

その子の性格をわかっている保護者だからこその希望なので仕方がないのかなって半分は納得もしますが、納得いかない部分もありました。
それは私が代表者の電話の対応が酷すぎて、相手に誤解を招かれた事が大きな原因にもなっていました。
パパも残念がり、来月はぺトンにも行けないし・・・と思っていたら、私にもメールを下さっていていました。

読んでみたらそれは私に声を掛けてくれた人がPAKと言ったので、誰だか探していた事。
活動会員が9人で、各個人で活動していて、ボステリちゃんを保護している方ご自身も9頭の犬・6頭の猫をごく普通の住宅で保護している事。
どのような環境、どのような状況でお飼いになられるのかわからない方に、気軽にお声をかけるはずもなく、他の会員7名からの返事も同じだった事。
そんな中一人お手伝いの人が声を掛けた事がわかり、混乱と不信感を招いた事への謝罪とブログで呼びかけをした事への感謝の文面でした。

私、迷わずすぐにお返事し、声を掛けて下さった方にはPAKの活動を知る事が出来てよかったと伝え、声を掛けて下さった方がいなければボステリちゃんの存在を知る事が出来なかったし、もし厳しい事を言いしかるような事をしたならば、それは謝って下さいとお伝えしました。

誤解と不信感を招いたのは代表者のあの横柄な対応のせいだとハッキリとお伝えしました。

大変なのはわかるけど、家族になりたい人の気持ち、やはり無駄にはして欲しくなかったな・・・
いまだ半分しか納得いってませんが、沢山のワンちゃんを今まで保護して譲渡してきた保護者さんにしかわからない部分てやはりあると思うし・・・
今回はご縁に至らなかったのかな・・・
[PR]
by junkss | 2008-06-30 10:53 | パパとママのあれこれ