留守の多いパパのために作った成長日記です


by junkss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

しつけ教室

蓮君、実は昨日からしつけ教室へ通っています。
f0110861_17322747.jpg

まずは先生とお友達になるためにいっぱい遊んでました。




先生もとっても犬が大好きなんですね(*^^*)
好きじゃなければ出来ないお仕事だなぁと思いました。
f0110861_18145632.jpg

『おばちゃん、今日は何するでしゅかぁ!?』
すっかり先生との遊びに夢中の蓮君。
たっくさん歩いてもいつもクールな蓮君でしたが、蓮君が口開けてハァハァしてる!!
初めて見ました(笑)
f0110861_1735925.jpg

『疲れたでしゅ~』
今回はまず引っ張り癖を直すためにまずウォーキングの練習をしました。
褒め殺しと言ってもいいぐらい先生が沢山褒めてくれるので、蓮君も頑張ってたね(*^^*)
でも途中で飽きて頭のてっぺんにシワ寄せてましたけど(笑)
f0110861_17403911.jpg

一緒に練習に付き合ってくれた先生のお家の子であるピーちゃん。
f0110861_181569.jpg

そしてラブラドールのアラン君。
先生とは何だかボケと突っ込みの仲みたいに面白い子(笑)
ちなみにアラン君、ピーちゃんのリードを口にくわえて引っ張っているんですよ^^

実はピーちゃんは併設されている病院のドアの前に、箱に入れられて捨てられていた子だそうです。まだ離乳食の時期で本当に小さな時だったとおっしゃっていました。

ピーちゃんの他にも実はボストンテリアも保護してそのまま飼っているそうです。
ずっと赤ちゃん代わりに可愛がって飼っていたボストン君を『子供が出来たからいらない』と飼い主さんに捨てられてしまったそうなのです・・・
知人の方が保護して先生のお家の子になったそうなのですが、元飼い主さんと立場が今の私と同じなだけに、話を聞いてて思わず蓮と重ねてしまい、涙が出そうになりました・・・
人間て勝手ですよね・・・あんなに可愛がっていたのに・・・
先生に出会えてきっと今は幸せなんだろうなぁ^^

実は妊娠がわかった時にパパのお母さんが電話をくれて、お話しているうちに『犬、誰かにもらってもらえるといいわね』と言われたのです・・・
正直人間とは思えないと腹が立ち、パパに『冗談じゃない!!』とメールをして、その後にパパは電話でお母さんを泣かせてしまうという自体になった事が(ーー;)

お母さんにとっては犬を飼っても面倒を見たことがないので、子供はいい匂いがするから食べられてしまうんじゃ・・・と心配をしての発言だったのですが、動物を大事にしていた両親の元で育ったママには、その発言はとても悲しく一人大泣きしてしまうほどの辛い出来事でした。
その話をオーマとオーパに辛くて話した日、両親は『そんな事で手放す必要はない。私達がしっかり協力してあげるから安心しなさい!』と言ってくれて、この言葉を聞いてどんなに安心した事か・・・あまり言うと今度はパパが辛くて泣くとも言われましたが(笑)
子供を授かるまで少し時間がかかったママにとって、プレッシャーから開放してくれて、毎日たくさん笑わせてくれた蓮には感謝の気持ちでいっぱいなのです。
産後はどうしてもバタバタしてしまうだろうけど、ママの蓮への愛情はこれからも決して変わらないからね。
[PR]
by junkss | 2007-03-25 17:20 | 蓮君